フロアコーティングお役立ちブログ記事

ガラスコーティングとは

ガラスコーティングとは

フロアコーティングの種類のひとつ、「ガラスコーティング」をご説明します。ガラスコーティングは最先端のナノコンポジット技術を駆使したフロアコーティング商品で、無機コーティングのため安全性が高いのが特徴です。ガラスコーティングには、以下のメリット、デメリットがあります。

 

「ガラスコーティングのメリット」

○最先端のハードコーティング技術です。

ガラスコーティングはナノコンポジット技術を用いた最先端のフロアコーティング方法になります。

 

○高い耐屈曲性を持っています。

ガラスコーティングは耐屈曲性に優れた特徴を持っており、季節や気温差などによるフローリングの膨張や収縮にも強く、特にクッションフロアにオススメのフロアコーティングと言えます。

 

○高いUVカット効果が期待できます。

ガラスコーティングは酸化の影響を受けにくく、紫外線遮断効果が高い特徴があります。

 

○光沢・ツヤの度合いや有無を選択することができます。

ガラスコーティングは光沢・ツヤの有・無を選択することができます。ソフトな印象にしたい時やフローリングの素材を活かしたい場合などにオススメです。

 

○硬度が高い特徴があります。

ガラスコーティングはフロアコーティングの中でも最も高い硬度耐性を持っており、傷が付きにくい特徴があります。

 

○安全性が高い特徴があります。

施工業者によっても異なりますが、ガラスコーティングは安全性が高く、業者によっては改正建築基準法のホルムアルデヒド放散等級の最高ランクF☆☆☆☆を取得しています。

 

「ガラスコーティングのデメリット」

○硬度が高すぎるため、割れやすい一面もあります。

硬度が高いことは傷が付きにくいことを表しますが、一方硬度が高すぎるため、弾力性が低く割れやすいデメリットもあります。

 

○耐熱性が低いデメリットがあります。

ガラスという性質上、耐熱性に低いデメリットがあります。熱した天ぷら油などの飛散によって、コーティング部分が溶けてしまったり、跡が残ってしまうこともあります。

 

○部分的な補修ができないデメリットがあります。

ガラスコーティングはフローリングを一枚のガラスでコーティングする方法になりますので、補修の際には全ての部分の張替が必要となってしまいます。

 

○酸素の透過性がないデメリットがあります。

ガラスコーティングを施工することによって、素材が酸素に触れない状態となるため、木の場合は呼吸できない理由から、劣化を早めてしまいます。

TOPへ戻る

フロアコーティングお役立ちブログ記事

TOPへ戻る